トップメッセージ

 1999年2月。まだ楽天市場の出店者が100店舗にも及ばない頃、 ネット上の百貨店ではなく、ネット上に専門店ブティックがたくさんあるイメージをし、 「日本中をウェブショップだらけにしたい」というスローガンで事業を始めました。

ひとことでいうと、当社は専門店EC支援会社です。

 それは今、その是非が拮抗しているとおり、資本主義発展型の社会成長限界を、 抜本から改革するのがインターネットであると信じることが出来ていたからです。
そのインターネットが事実もたらしてきたひとつめは、情報の自由化。
1997年比で情報流通量は既に100倍を超えています。
つぎにインターネットが事実もたらしてきたのが、商業の自由化、ECです。
余談ですが、金融の自由化が仮想通貨だと考えています。

 さて、すっかり定着したふたつめの商業の自由化は、これから先、
2倍増すると統計予測されていますが、単にこのまま広がるのではなく、
ある特徴を伴って、次のステージに向かっていると予測しています。
形だけは「日本中がウェブショップだらけ」になった今ですが「中身を伴う」のはこれからです。
想っている事は、真の自由化は未だ実現されていないので、それが進むであろう点です。

 これから10年ほど掛けて、リアルもネットもなく、3つの商業スタイルに、どんどん極化する予測。
ひとつめはコンビニスタイル。
低価格で速配、購入ではなく補充で総合品が求められる商業。
これはごく少数の強大が担います。
ふたつめが、当社支援領域の専門店スタイル。
ここは価格勝負ではなく、速配もニーズ中心ではありません。
また、補充購買ではないので、消費でなく欲求起源です。
これからは、より細分化され、より数が増えて行く予測です。
みっつめは、イベントスタイルで、これは過ぎたデジタル化生活からの心理的な撚り戻しと、
デジタル情報の希薄化から到達しない供給側の非効率をもとに、既に起きている屋外お祭り性質の商業です。
フェス、イベント、街中そのものがモノ軸からコト軸に動いている様相も同様です。

 閑話休題、ふたつめの軸である専門店EC。
当社の生業軸は、創業以来これからも変わりませんが、対応は変わっていきます。
これまでも、サーバーからアプリ、ストックからフロー、システムからマーケティングへと、
約7年サイクルで業態を変えてきましたが、次のサイクルの形を現してゆく7年が始まろうとしています。

 それは今、世の中で云われているところのデジタル&マーケティング社会化への対応です。
これが「中身を伴う」という語彙の部分です。
誰もが、エレクトリックでコマースをやってきたのがこの15年ならば、
次の10年はデジタルなマーケティングが求められる中心になってきます。
デジタル&マーケティングという単語を置き換えてみると、エレクトリック&コマース。
最初からECという単語には、今の答えの芯が書かれていたと、改めて感嘆します。

 このような想いと考えを、これからも都度変化を伴いながら、形にして参ります。


2017年4月
代表取締役 石村賢一

PAGE TOP