日本中をウェブショップだらけにする

日本中をウェブショップだらけにしたい

私達Eストアーは、成長とか、成功とか、拡大とか、そういう興味から、
この仕事や、会社を、やっているのではありません。
成功するかはわからないし、成長は成果についてくるものと確信していて、
必要に応じて拡大をしますが、 やりたい事は、ネットでの商業を行う方々に、やって、よかった、たのしかった。 という人を、ひとりでも多く増やしたい事にだけ、邁進しています。

私自身は、学生時代より、社会に出てから、縁あって、テクノロジーや、インターネットというものに 早くから多く触れる事が出来、多少なりとも本質や構造を、良く知れる事が出来たので、 それを活かせる生き方として、あるいはそこから学んだ世界観を責任もって繰り広げたく、
わざわざ、或る意味面倒でリスクある創業という道を選びました。

お客さんも、株主さんも、社員の皆も、それが、ほんのわずかな一点であったとしても、
なんらかのご縁と機会、ECやマーケティングという共通点でつながっています。
それが、小さな私の、ほんのひとかけの想いが、「私たち」という、大きな意思になった今です。
その意思、想念が、想いを呼び合い続け、想いの担い手として、存在しているのが、

すべてのステークスホルダーのエンジンである、私たちEストアーです。

1999年創業時、インターネットの民間発展が、黎明期から普及の初期に入りました。
当時オタクのおもちゃ扱いだったこのインフラは、甘く見るなかれ神懸かり的であり、
これにより、この先社会は、経済資本優位な状態から、「心真小質」といった、
心の時代、真実が顕現する時代、小さいが沢山、量より質、と成る事と想い、
すべての事業運営は、これに従い進めてきました。

これまでも、これからも、このスタンスを堅持し、
やって、よかった、たのしかった。という人を、ひとりでも多く増やす為に、社業を進めて参ります。
お客様、株主様、取引先様、社員の皆、そして支えて下さる多くのステークスホルダー様、
みなともにです。有り難うございます。

代表取締役 石村賢一

2014年4月1日

PAGE TOP