ショップサーブ・ユーザーの要望から、新しい機能やサービスがはじまることも!

—ネットショップの商品数が増えてもショップサーブなら安心

think_img01

ショップサーブの魅力は、アップロード作業がとてもスピーディにできることです。導入してからは、販売データなどの集計・管理機能や、アクセス解析機能もとても使いやすいことがわかりましたね。販売管理の現場を預かる人間としてはとても助かっています。

ユーザーの要望がサービスに反映されるのもポイント

デザインなどの面で「もっとこういうサービスがあったらいい」とEストアーさんに相談したら、私たちの要望から新しい機能が生まれたこともありました。お客様と信頼しあえる絆をつくるためにも、信頼できるホスティングサービスを選ぶことが大切なのだなと実感しています。

—Think the Earthプロジェクトから生まれたネットショップ

think_site

「今よりちょっと地球のことを考えよう」と、ミュージシャンの坂本龍一氏、ベネトングループのルチアーノ・ベネトン会長らを発起人として生まれたNPO活動“Think the Earth プロジェクト”。その活動をサポートするために「Think the Earthショップ」はスタートしました。
「Think the Earthプロジェクト」が重要なテーマとして掲げているのが「エコノミーとエコロジーの融合」です。企業の経済活動が、市場や株主以上に、「地球」への貢献を果たしていくこと。「地球のことを考える商品」を販売しながら、売り上げの一部をThink the Earthプロジェクトの基金として、社会貢献のために使っています。

—ネットから発信される「商品コンセプトの力」

think_img03

「アースウォッチwn-1」は、地球の5.8億分の1の大きさで、反時計回りで1日1回転する地球時計。小さなドームの中で、本物の地球の自転を体験できる商品です。
部屋の中で、地球とのつながりを感じながら、世界のことを考えるきっかけにもなる「アースウォッチwn-1」は、「Think the Earthショップ」の人気商品。 「主人は海外に単身赴任。その主人と一つずつ『wn-1』を持っているのですが、この時計を見ながら、同じ時間の中で一緒に暮らしているんだ、という思いを強くします」というメッセージが、購入されたお客様から届いたこともありましたね。

これからも、地球のことを考えるきっかけとなる商品やサービスを発信していきたいと思います。

PAGE TOP