Eストアーは、Eコマースの成長と発展に寄与することを経営方針としております。 投資家の皆様へは、決算情報、財務ハイライトなど、株式に関する情報を遅滞なく開示してまいります。

よくある質問証券コード4304 株式会社Eストアー 新証券コード(ISIN)JP3130500006

財務・業績について

電子認証事業を開始した背景(理由)および今後の展開を教えてください。

2018年8月より電子認証事業(サイト証明書や企業証明書の登録(発行)事業)を買収した子会社との連携により開始しました。この背景は、ブラウザベンダーによる「危険サイト表示」を防止し、顧客売上の低下を保護するためです。具体的にはショップサーブ利用店舗すべてに対して、SSL証明書を無料で提供し完全実装する事が目的であり、9月末日段階で100%を達成しています(いろいろな理由で辞退される顧客を除く)。ここまではコストですが、上述のとおり顧客の売上低下防止で利益の既存防止となっています。今後は、外販強化や次世代証明書(取引証明やエスクローなど)により収益化を目論んでいます。

直近の業績について教えてください。

2019年3月期第2四半期累計期間は、次の2点を強化して事業に当たって参りました。①マーケティングサービスの強化 ②「販促システム(バックストア群)」の販売強化です。
また、平成30年8月に株式会社クロストラストを100%子会社として設立したことに伴い、当第2四半期より四半期連結財務諸表を作成しています。そのことにより関連会社1社(株式会社ECホールディングス)の持分法による投資利益39,783千円を計上し、当第2四半期連結累計期間における売上高は2,389,065千円、営業利益は278,049千円、経常利益は365,647千円、当期純利益は263,142千円となりました。

従業員の女性比率を教えてください。

全従業員の女性比率は46%、男性比率は54%となっています。
また、部門別での女性比率は、システム部門は23%、その他部門では58%となっております。

組織改革の目的を教えてください。

主に幹部の若返りを目的とした体制変更と育成強化で、単なる世代交代だけでなく、すでに到来しているスマホネイティブ世代(消費者)設計のビジネスに対応可能な組織作りが目的です。

今後の計画について教えてください。

EC業界はもとより、一般社会的に景況は引き続き良いものと判断している事から、引き続き積極的に投資していく方針でいます。

具体的には通常の素の状態で確実に得られる利益の範囲内で、これはいつでも元に戻せる事から、必要な挑戦的な投資をより積極的に行うものです。これによって表面に現れる利益がより低下する事も見込んでいますが、説明のとおり通常状態の確実利益のなかからの拠出でありますので、どうぞご理解ください。

業績の見通しを知りたいのですが。

2019年3月期の業績予想(2018年4月1日~2019年3月31日)

通期業績予想 業績 対前期増減率
売上高 5,546
営業利益 508
経常利益 560
当期純利益 393

(単位:百万円)

※当第2四半期より四半期連結財務諸表を作成しているため、対前年増減率については記載していません。

新たにサービスを開始したEストアーコンペアとEストアークエリーについて教えてください。

Eストアーコンペアは、新規購入やリピートに強いページデザインをリアルタイムで突き止めることができるABテストツールです。特に生涯価値(LTV)まで計測検証可能であることが特徴です。

Eストアークエリーは、顧客属性を細分化、柔軟にパーソナライズでき、リピート受注を高めることが可能なメールマーケティングサービスです。顧客とOne to Oneの関係構築を促進します。

システム(ストック売上)と比べ原価率の高いマーケティングサービスへの対策は考えていますか?

マーケティングサービスは、役務サービスであり、現状、人材がマーケティングの成長をけん引しています。そのため、システムと比べ原価率も高く費用が増加するため、収益性の構造はこの先になりますが、変えなけていかなければと思っています。(人件費が増え続けない構造) やり方としては、構造的な仕組化(標準化)などをおこなう考えでいます。

業績に関する資料を見たいのですが。

業績推移の情報については『業績報告』のグラフを、
また、決算短信などの情報については『決算説明資料・事業報告書』、『決算短信』をご覧ください。

決算発表の時期を教えてください。

決算期は毎年3月末ですが、四半期ごとに業績を開示しています。直近の決算発表予定については『IRカレンダー』をご覧ください。

公告はどこに掲載していますか?

電子公告に関しては『電子公告』をご覧ください。ただし、やむを得ない事由により電子公告を掲載することができない場合は、日本経済新聞に掲載します。

株式・配当について

株主還元の拡充を希望します。

株主の皆様への利益還元といたしましては、基本、配当での還元を重視してまいりました。また従前よりおこなっています株主優待につきましては、バランスを総合的に勘案し拡充を検討してまいります。

個人投資家向け説明会の開催はありますか?

はい、月に1回程度開催しております。
自社開催の説明会はございませんが、外部主催での説明会に参加しております。
詳しくは、個人投資家説明会ページ(https://estore.co.jp/know/post_3121/
をご覧ください。

今後も株式分割はおこないますか?

今後の株式分割につきましては、株価や流動性などを勘案しながら検討してまいります。

流動性についての考えおよび対策

当社は、株式の取引活性化の点から、株式の流動性の向上は必要と考え、株式分割等をおこなってまいりましたが、さらなる取引の活性化のため、当社代表取締役でもあり大株主である石村氏へ保有株式の一部売却を依頼し、株式処分信託契約を締結しました。(2017年5月リリース )また、個人投資家向けの説明会など、IR活動をおこない多くの投資家様に注目いただけるよう、努力してまいります。

株主名簿管理人はどこですか?

株主名簿管理人 : 三井住友信託銀行株式会社
連絡先 : 〒168-0063 東京都杉並区和泉二丁目8番4号
三井住友信託銀行株式会社 証券代行部
電話照会先 : 0120-782-031 (フリーダイヤル)

証券コードを教えてください。

4304です。

現在の株価はいくらですか。

現在の株価については、こちらをご覧ください。

株式の売買単位を教えてください。

100株単位で取引可能です。
当社は、2013年10月1日をもって1単元の株式数を100株とする単元株制度を採用し、売買単位を従来の1株から100株に変更しています。

過去の株式分割について教えてください。

株式上場後、4回実施しています。

            

効力発生日 分割比率
2002年8月19日 1:2
2004年11月19日 1:2
2013年10月1日 1:100
2016年3月18日 1:2

発行済株式数 10,327,200株(2018年3月31日現在)

株主優待制度はありますか?

はい、あります。
2017年3月31日以降、毎年期末(3月31日)現在の当社株主名簿に記載または記録された、1単元(100株)以上を保有する株主様を対象にクオカード500円分を贈呈させていただきます。

配当方針について教えてください。

当社は、株主の皆様へ安定した利益還元を行うことを最重要課題のひとつと考えており、経営成績、財政状態、配当性向及び将来の事業展開のための内部留保の充実など、バランスを総合的に勘案して成果の配分を行うことを基本方針としております。

株主ご意見ご質問フォーム

株主の方だけでなく、投資をご検討の方もご意見ご質問をお寄せください。
お問い合わせの多いご意見やご質問につきましては上記FAQより、ご案内致しております。

よろしければご入力ください。無記名でも結構です。(すべて任意)

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご住所

個人情報の取扱いについて / 個人情報保護方針

個人情報の取扱いについて

■ 事業者の氏名または名称

株式会社Eストアー

■ 個人情報保護管理者

柳田 要一

■ 個人情報の利用目的

ご入力いただき当社が取得した個人情報は、お問合せ対応のために利用致します。

■ 個人情報の第三者提供について

当社は、お客様の事前の同意を得ることなく、個人情報を上記の目的以外に利用いたしません。また、法令に基づく場合等正当な理由によらない限り、お客様の事前の同意を得ることなく、個人情報を第三者に開示・提供することはありません。

■ 個人情報の取扱いの委託について

当社は、お客様へ提供するサービスの業務遂行上、ドメイン管理団体や信販会社、収納代行会社等、外部の委託先へ個人情報の一部を提供する場合があります。委託先にお客様の個人情報を提供する場合、当該委託先と守秘義務に関する契約を締結することで、個人情報保護を義務づけるとともに、当該委託先がお客様の個人情報を適切に取り扱うよう、指導、監督いたします。

■ 開示対象個人情報の開示等および問い合わせ窓口について

ご本人からの求めにより、当社が保有する開示対象個人情報の利用目的の通知・開示・訂正、追加又は削除・利用の停止、消去、第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)に応じます。
開示等に応ずる窓口は、以下の「お問合せ先」をご覧下さい。

■個人情報を提供されることの任意性について

当社に個人情報を提供されるかどうかは任意によるものですが、必要な個人情報をいただけない場合、資料の発送、ご連絡等が行えない場合があります。

■ 本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得

(クッキーについて)
当ウェブサイトでは、クッキーを利用者の動向調査等の為に使用しています。お客様がクッキーを使用しない設定としている場合、当ウェブサイトで使用できる機能については制限される可能性がありますのでご了承下さい。
(アクセスログ・ファイルについて)
当社は、利用者の動向を調査する為にアクセスログ・ファイルを使用します。これにより、当社は、IPアドレス、リファラー情報等についての統計的なサイト利用情報を得ることができますが、個人情報の収集・解析のために利用することはありません。

■ 個人情報の安全管理措置について

当ウェブサイトは、お客様の大切な個人情報をご登録いただくにあたり、SSLと呼ばれる特殊暗号通信技術の使用やFirewallというセキュリティーシステムで保護された専用のサーバーで管理し、外部からの不正アクセスや情報の漏洩防止に最善を尽くしています。
また、個人情報保護に関する社内外セミナー等を実施し、個人情報の管理体制を一層強化しています。

個人情報保護方針

株式会社Eストアー(以下、「当社」という)は、「日本中をウェブショップだらけにしたい」をスローガンに当社はEC事業を展開しております。EC事業は、個人情報を取り扱う機会が多い業態であることを認識し、個人情報保護の重要性を認識し、適切に利用・管理し、保護することが当社の社会的責務と考え、当社の役員、従業員のすべてが個人情報の保護に対して不断の努力を続けることをお約束いたします。

a)当社は、個人情報をお預かりする際には、その取得目的を明らかにして、個人情報の適切な取得・利用・提供を行い、利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱い(目的外利用)は行いません。また、そのための適切な措置を講じます。

b)当社は個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針及びその他の規範を遵守致します。

c)当社は個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、滅失又はき損等のリスクに対しては、合理的な安全対策を講じ、事業の実情に合致した経営資源を注入し、個人情報のセキュリティ体制を継続的に向上させていきます。また不適切な事項については是正を行います。さらに内部規程等を改め個人情報を最善の状態で保護致します。

d)当社は個人情報の取扱いに関する苦情及び相談対応への内部規程を定め、苦情及び相談には、迅速かつ誠実に対応致します。

e)個人情報保護マネジメントシステムについて、当社を取り巻く環境の変化を踏まえ、適時・適切に見直して、その改善を継続的に推進致します。

最終改定日:平成28年7月1日

制定日:平成17年3月31日

株式会社Eストアー 代表取締役 石村 賢一

■お問合せ先

株式会社Eストアー
個人情報相談窓口
TEL:03-3595-1106
受付時間10:00~17:00(土日祝日、年末年始を除く)
MAIL:privacypolicy.sp@Estore.co.jp

同意する

PAGE TOP