Eストアーは、Eコマースの成長と発展に寄与することを経営方針としております。 投資家の皆様へは、決算情報、財務ハイライトなど、株式に関する情報を遅滞なく開示してまいります。

業績報告

売上種別 : ストック( 月額利用料売上等 ) ・フロウ(店舗売上連動売上)・マーケティング・メディア

通期

市場ニーズの中心である「EC強化と人手不足」に対応するために必要なマーケティング支援に傾注し、マーケティング売上は伸長。ただし、十分にある市場ニーズに対し体制がまだ不十分のため大きく投資を行い、より一層の体制構築を図る。

四半期

マーケティング支援の体制構築が進む中、その成果の質が評価されてきたことで、既存顧客店舗からの受注額が増加。さらに新規顧客店舗における受注額が以前と比べ大幅に伸びた結果、売上は計画を上回り増収。

営業利益・当期純利益・営業利益率

通期

将来の利益拡大を目的とした体制構築(主に人員増による人件費の増加)および原価率が高いマーケティング売上の比率増による費用の増加により(期初より計画している意図した)減益。

四半期

マーケティング支援の体制構築に必要な人員増による人件費の増加および原価率が高いマーケティング売上の比率増による費用の増加により減益ですが、売上高同様に利益も計画を上回る内容で推移している。

ROE・EPS

通期

将来の利益拡大を目的に意図した減益のため、ROE、EPSとも前年度に比べ低下。

四半期

減益のためEPS,ROEともに前年同期間に比べ低下。

1株当たり配当額・配当性向

通期

安定した利益還元。

総資産額・純資産額・自己資本比率

通期

着実に利益を積み上げ純資産は増額。

四半期

着実に利益を積み上げ純資産は前年同期間と比べ増額。

キャッシュ・フロー / 現金及び現金同等の期末残高

通期

法人税等や配当金の支払、借入金の返済をするも、キャッシュは比較的潤沢。

四半期

法人税等や配当金の支払いをするもキャッシュは比較的潤沢。

第19期より単体決算に移行のため、単体の数値を記載しております。

PAGE TOP