Eストアーは、Eコマースの成長と発展に寄与することを経営方針としております。 投資家の皆様へは、決算情報、財務ハイライトなど、株式に関する情報を遅滞なく開示してまいります。

業績サマリー

このグラフは2021年2月12日時点のものです。

売上種別 : システム事業・決済事業・販促事業・その他

通期

新規営業のケイパビリティ不足により販促事業が伸び悩み微減。

四半期

当第3四半期(10月~12月)は、企業のDX投資及び生活者の巣ごもり消費の高まりにより、グループ各社の収益が順調に推移。

※ システム事業に含まれていた決済事業の売上高を切り出して掲載しております。

営業利益・当期純利益・営業利益率

通期

中期戦略(案件の大型化、販促事業の強化)のため先行投資を開始し減益に。

四半期

当第3四半期は、売上の増加に伴い、営業利益及び当期純利益が大幅に増加。

ROE・EPS

通期

EPSは前期並みの水準を維持。ROEは利益剰余金の増加により低下。

四半期

当期は子会社2社の連結による増益に加え、各事業が順調に推移し四半期ベース(3か月間)で増益基調に。

1株当たり配当額・配当性向

通期

配当による利益還元を重視しつつ、成長による企業価値の増大を目指す。

総資産額・純資産額・自己資本比率

通期

新たに子会社となった2社の連結により総資産額は大幅に増加。

四半期

当第3四半期は、売上増による現預金等の増加が総資産額の大幅な増加に寄与。

キャッシュ・フロー / 現金及び現金同等物の期末残高

通期

投資活動、財務活動を積極化。キャッシュ残高を維持。

四半期

当4月~9月期は、本社移転による支出があったものの、好調な収益に支えられキャッシュ残高を維持。

第18期~第20期は単体数値、第21期以降は連結数値です。