SaaS型ECサイト構築システムで国内初
ショップサーブがAmazon Pay 新バージョン(V2)を実装

 株式会社Eストアー(本社:東京都港区、代表取締役:石村賢一、東証4304)は、提供するSaaS型ECサイト構築システム「ショップサーブ」に、アマゾンのAmazon Pay※ 新バージョン(V2)を2020年10月29日(木)に実装いたしました。これはSaaS型ECサイト構築システムでは、「ショップサーブ」が国内初となります。

 

 

■ブラウザの制約や利用環境に依存しない統一された案内で、スムーズなお買い物をサポート

 ショップサーブで実装したAmazon Pay新バージョン(V2)では、従来のアドレス帳およびお支払い方法のウィジェット内の情報が、Amazon Pay のページ上で集約されて表示され選択できるようになりました。Amazon Payのページ上で、統一されたご案内やエラーメッセージが表示され、スムーズなお買い物をサポートします。なお、新バージョンではブラウザの制約や利用環境にも左右されません。

■ECシステムとしては初めてAmazon Pay利用に必要な認証情報の連携を実現

 これまで、店舗側でAmazon Payの認証情報をショップサーブ管理画面に手動で入力する必要がありました。今回、店舗がショップサーブ管理画面からAmazon Payアカウントへログインするだけで認証情報が自動連携されるようになりました。これは、国内ECシステムでは初の取り組みで、店舗はスムーズにAmazon Payを導入することができるようになります。

※Amazon Payとは:Amazonアカウントに登録されている配送先住所やお支払情報を利用してAmazon以外のECサイトでスピーディにお買い物ができるID決済サービスです。自社ECサイトで購入する時でも、個人情報の入力の手間を軽減できます。
※Amazon、Amazon Payおよびそれらのロゴは、 Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

 

本件に関するメディアお問い合わせ pr@Estore.co.jp 03-3595-2931 広報担当

 

報道資料:pdf形式