Eストアーコンペア

転換率のサプリメント

今集まっているお客さん(セッション)数はそのままに、収益(購買転換率)を増やすソリューションです。
広告による集客をしている企業には、CPAを劇的に下げる可能性が、秘められています。

集客×転換×客単

Eストアーコンペア

CVRだけでなくLTVを計測して収益改善に

売上重視の転換評価、CPA評価だけでなく、収益直結の顧客生涯価値(LTV)を検証し、ABテストを実施。 ページデザインが大幅に毀損されるCMS型のABテストではなく100%オリジナルで作られたページを比較。 計測する複数のページと配分比率を決めるだけなので、経営改善の運用が”知識不要”で”ラク”に出来ます。

  1. 特 徴1

    CVRだけでなくLTVの評価が可能

    PCからスマホから、デバイスによって数値が取れているのかいないのか、計測の正確性は、手作業でアクセス解析と比較評価しない限り分かりません。 正確でないまま数値を信用しても、コンペアテストの成果が出る筈もありません。あるいは、広告インデックスが落ちたり、ページ評価が下がったら、元も子もありません。

    こういうアタリマエの事が、最上級レベルで実現出来ているエンジンが、Eストアーコンペアを構成するライブラリ中、最も磨き上げられた部分です。 また、CVRだけでなく、LTVの評価が可能であったり、ドメイン問題もまったく起きないなど、プロユースに応えています。見えない基本の部分に、凄腕の最新のテクノロジーが投入されている。
    これが、Eストアーコンペアならではの強みと言えます。

  2. 特 徴2

    ページデザインに一切制限がありません

    ページ評価のABテストは、大きく分けて3種類の方法があります。ひとつは手作業で行う方法。時間や人件費、または同じ意味で外注費が膨らみます。 残りのふたつはシステムとして提供される方式で、比較評価を目的としたシステムか、ページ制作を目的としたシステムです。

    Eストアーコンペアは比較評価重視の方式。その理由はデザインが一切損なわれず、他の難点や毀損もないからです。 これは、ページ制作に工数があるものの、デザイン表現が100%自由です。CMS重視の方式だと、ページ制作がラクなものの、デザインがCMSの範囲に制限されたり、ドメインが変わってしまう事が難点になり、広告の親和性が毀損する事もあります。
    なによりも比較重視方式は、シンプルなので、経営改善という目的を見失う事がありません。

広告費を変えないまま50%受注増。それは夢物語でもありません

Eストアーコンペア

USERS VOICE

  1. USERSVOICE

    3ヶ月で55%の受注増。なんで今までやってこなかったのだろう!

    月間受注380、平均受注単価1万3千円のA社は、宣伝広告に月180万円を投下。このとき購買転換率CVRは3.8%、ここでEストアーコンペアを開始。 2ヶ月で3回のAB比較テストを行った結果、最大効果の5.9%のページを見出します。集客コストそのままに、受注量は590に1.5倍増。 広告増で売上があがっても、利益が少なかったそれまでが、大幅な黒字化となりました。3ヶ月目からは、こちらをベースに、さらなるコンペア体制に切り替え。

  2. USERSVOICE

    受注増は売上アップに留まらず、利益はかけた費用の10倍出た!

    A社が3ヶ月後に得た155%の成長。360から558に増えた受注は、平均受注額1万3千円で、売上は468万円から725万円に、257万円増。 商品原価や人件費、事業費を引いた利益20%の同社では、広告費用は変わらず掛けたままで、51万円の利益純増となりました。これにかかったコンペア利用料は、 仕分け回数9,457回で、税別4万5千円です。このとき、CPAも5,000円から3,230円に下がっています。

お問い合わせ

営業部:03-3595-2941 平日 10:00~18:00
  • カタログダウンロード
  • サインアップ
PAGE TOP